人材業界の職種 紹介・派遣からコンサルティングまで

人材業界には、さまざまな役割の職種があります。実際に人材業界でこれまでどの様なポジションで働いてきたのか、そして自分が今後どの様なフィールドで働きたいかを見つめなおす事は大切です。
人材業界への転職を考える時には、まず今一度、目指すべき仕事の形を想像して、実現できそうな会社を選びましょう。

○人材派遣業

人材業界が、大きく世の中に浸透するきっかけとなったのが、この人材派遣業でしょう。時の規制緩和によって人を派遣するというニーズが高まり、正社員を抱えたくない企業と、仕事をしたい人を結びつける活動が盛んに行われました。企業と求職者を素早く結びつけるツールとしても、相当の役割を担っています。
職務内容は、クライアントとなる企業の求める人を募集し、自社が雇用する派遣社員として求人企業に派遣します。有期雇用の場合は、その更新の意思確認や継続の依頼を受付けるという仕事を反復して行い、求職者のフォローや相談、折衝も行います。

○人材紹介業

ハローワークが行っている様な求職案内を、厚生労働大臣の認可を受けて業として行います。人材を求めている企業からの求人依頼を受け付けて、条件に合う求職者を紹介し、雇用を取り付けるのが主な仕事です。
人材派遣と違い、紹介者が求職者を求める企業との継続的雇用(正社員就業)を目的として活動します。

○人材コンサルティング業

企業内には、一般的な職務と専門性の高い仕事に大別することができます。ある企業の採用や人材登用に関してアドバイスを行ったり、必要に応じて人材の募集や採用の代行を行うなどして、組織の強化を図るための方法や戦略を立案、実施します。
個人ベースではなく、企業が求める組織を実現するために何が必要か、という問題点を引き出しながら計画を立てて実施し、その結果を訴求していくという事を繰り返し行います。

○求人広告媒体業

求職者は、求人雑誌や広告、求人webサイトなどを見て自分が働きたいと思う職場を探すという人が多くなっています。人材紹介を頼りつつ、この様な広告媒体に掲載している企業の情報を元にして自分でも就職先を探そう、とする人に向けて発信するのが求人広告業の仕事です。最近は人手不足が深刻なサービス業、営業職、介護職がこの媒体の中心となっている様です。
求人を掲載したい企業クライアントに対して、待遇や給与などの労働条件をはじめ、職種とその仕事内容を正確に聞き取り起稿して、その内容チェックを行うのが通常の業務となります。

人材業界は、その会社ごとに職責や役割が異なります。自分が活躍できる、やりがいを見出せる、社風が自分に合っていると感じられる場所で、転職を実現できると良いですね。

ご相談・転職サポートは全て無料です。