自分に有利な転職を 人材業界で働くためのノウハウ

これまで人材業界で働いてきて、なおも同業界で働こうと考える時、どんな働き方を求めるかがキーとなります。転職しようと思ったきっかけは何ですか。ずっと人材業界で働いてきた人こそ、新たな職場を求めるという事を現実的に直視できるはずです。その問題をキチンと自覚して次に求めるフィールドを探しましょう。 

○人材業界で働くルーティンワークとノウハウ

どの業界、業種にも共通して言える事ですが、企業では大きな目標を掲げて、その最終目標を実現するために皆が日々稼動を続けます。
企業全体の目標がある様に、働く人一人ひとりに課せられる課題や目標もあるでしょう。その目標設定がときに過酷だと感じられる時もあるかもしれません。特に、クライアントへの訪問や人材確保のための会議、打ち合わせ、マッチングした人材の就労状況確認など、ルーティンワークとしてこなさないといけない業務がネックとなっている人もいるでしょう。

●突発的な仕事を想定 計画しておく

ルーティンワークは、抱えている案件やクライアントによって、仕事量が大きく変わります。加えて月末や中間の報告、会議などの定期的な仕事や、トラブル発生に対処しなければならない突発的な仕事もあるでしょう。
毎日を常にぎりぎりの予定で廻していくと、必ず行き詰ってしまいます。まずは一ヶ月の全体の仕事量をきちんと把握しておく事が大切です。それを週単位・日単位に落とし込んでいきます。一日の仕事量が見えないままでは、結果常に慌てて中途半端となりがちです。

●優先順位を見極める

大枠でやらねばならない仕事をグループ化します。そして仕事のペースとボリュームによって、重要度をランク付けしていきます。二回の訪問を一度にする方法や、打ち合わせの回数を減らす方法はないか、仕事のボリュームにあわせて簡略化していく様にしましょう。連絡事項をメールで済ませる、訪問回数を減らして電話に切り替えるなど、計画に落とし込める方法にシフトしていくと、移動などの時間を割かずに計画的に遂行する事ができます。

○会う機会を特別にする 印象を良くするノウハウ

人材業界の魅力はやはり「人とのつながり」ではないでしょうか。
企業と求職者を結びつける仕事を担う人材業界では、まずそこで働く自分が対企業、対求職者との関係を良好にしておかねば実現できません。そのために必要なものは、相手の機嫌をとるのではなく、対等な立場を意識して、必要な情報を提供するという事です。
直接人材に関係ない情報でも構いません。むしろ、クライアントの属する業界の動向や、新たな政策など企業運営に関わる情報を知っておくと、あなたと「会う・話す」ことが面倒ではない→楽しみに変わります。
企業の担当としてだけではなく、スマートに仕事をこなし、会うたびに刺激と知識をもたらすビジネスパーソンとして受け入れられることで、さらに仕事もやりやすくなるでしょう。

ご相談・転職サポートは全て無料です。