キャリアを積む=ライフプランを考える

人の働き方に転機が訪れるのは、主に配置転換や異動、昇進のタイミングです。そして働いている企業での昇進や栄転だけではなく、転職にも新たなキャリアにつながる可能性があります。
勤続し続けながら、「この会社でこれ以上自分がキャリアを重ねることはできないのか」と天井止まりを感じたとき、それがこの人にとってキャリアアップのための転職を実行するタイミングかもしれません。

○働き方と生き方を考える ライフプランの設計

人材紹介を行う業界にいると、様々な人の生き方や働き方を垣間見る機会が多いでしょう。「がんばって仕事をしてきたけれど、この業界にあっていないかもしれない」「未経験だがこの業界でこれから働いていきたい」というような、理想の働き方を実現したい人と、人材を求める企業を繋いできた経験もあるのではないでしょうか。
仕事として様々な人のニーズを形にしてきたなら、自分のキャリアや働き方の方向もライフプランにあわせて、前向きに転換できるはずです。

●人材を扱う仕事に直結するキャリアを活かす

人材業界は、モノを扱うのではなく、思いや理想を持った生身の人間を相手にするという難しさがあります。そして、感情やその時々の都合に合わせた仕事を求める人にも、柔軟に対応するスキルが求められます。転職先だけではなく、家庭の事情や給料など、様々な相談を請け負ってアドバイスをする場面もあるかも知れません。
このように、相談ができると相手から信頼される人は、人材業界の中でも非常にポイントが高いでしょう。些細な相談から、転職や紹介希望を叶える為のフォローができるというのは、それだけで立派なキャリアスキルです。

○転職を自分のライフプランに置き換えてみる

仕事を求める人やキャリアマッチングを望む人をアシストする。このような人材業界の仕事を続けていくと、自分自身が快く働ける環境についても考えるシーンが多くなって来るでしょう。
働く場を提供する・活躍できる場をあっせんするのは、その人の人生に大きくかかわる瞬間でもあります。ライフプランを想定して、さらにキャリアを積みながら生き生きと働ける場を提供すると同時に、自分がその人の生活や人生にかかわると更なるキャリアアップにつながることにやりがいを感じられるのがこの業界の特徴でもあります。

人のマッチング、あっせんをスムーズに行うコンサルティングの術は、経験とともに積み上げられます。ライフプランアドバイスを行いつつ、自分のキャリアも研鑽しましょう。

ご相談・転職サポートは全て無料です。