転職先が決まらない!働きながら次の職場を探すためには

職場の過酷な労働に耐えられない…。人材業界で働く人は、その仕事の激務が重なり、転職を考えるタイミングも往々にしてあるでしょう。人が相手の職業だけに、メンタル的にも負担を感じることもあるかもしれません。
違う職場で働くことが決まってから今の職場を去ろう、と思っていても、なかなか次の転職先が決まらないために踏み出せずにいる人に向けて、転職に有効なノウハウをお教えします。

○働き方は自分で決める 転職先を探す時期を集中

仕事に疲れた、うまくいかなかった、この職務(会議や交渉)だけは好きになれない…。このように、日々の仕事の中で転職を考えるタイミングは結構あるものです。しかし、実際に転職を現実的に考えるということ、それは今の職場を離れる覚悟と直結します。
「どこかいい会社があったら転職しよう」という考えで、何気なく毎日求人を眺めていていても、今の給料がなくなったときの不安や数ヵ月後の家族の生計を思えば「現状維持」を選択してしまう、ということを繰り返してしまいます。

○転職先を決める=自分の将来を変える決心

自分の今の労働条件よりも、求職者情報で掲載されている内容の方が良く見えるというケースは決して珍しくないでしょう。多くの情報の中で、いくつか魅力的な会社があれば、まとめて同時期にエントリーをすることを薦めます。こうすることで、次のステップへ踏み出す覚悟と、応募した企業の中で自分が働く次のフィールドを決めるという決心がつきます。

○振り返りながら比較はNG 転職先を短期に比べる

仕事をしながらの転職活動は、時間の確保ができるかどうか不安に思う人もいるでしょう。履歴書を送付して、面接の連絡があったときに仕事で対応できなかったら、チャンスを不意にしてしまうかもしれないと考えがちです。
しかし、起こるかもしれないことを想定して諦めていては、転職できません。せっかくあなたが働きたいと思った企業をいくつか見つけたなら、まとめてエントリーして、有給等を使って面接日を自分から設定しましょう。まだ就業中であることを伝えれば、多少の日程調整を自分から申し出ることは、失礼に値しません。
集中して就職活動をすることで、申し込んだ企業を新鮮な記憶で比べることができます。定期的に就職活動をしていると、「あの時エントリーした企業の方がよかった」という振り返りを重ねるだけで、新たな転職先を決める決心が鈍ってしまいます。

○準備は不可欠 慌てず余裕をもって

仕事の合間を縫って面接に出かけることだけでも大変に感じるかもしれませんが、募集する企業にとっては、面接で求める人材に会えるかどうか期待し、そのために担当者は時間を割いてあなたを待っています。
忙しい毎日に追われて、何の準備も知識もないままの勢いで面接に行くのは失礼に当たります。企業のこと、自分の長所、そして働きたい理想像をキチンと整理して、余裕を持って面接に望みましょう。

ご相談・転職サポートは全て無料です。