転職者に必要なモチベーションとアピールする「強み」

勤めていた会社を辞して、新たに職を探すというのは、精神的に大きな負担を感じます。仕事の手順や流れを知っている職場でずっと働き続ける方が、またゼロスタートするよりも気分的に楽に感じるのでは。
でも転職に踏み切ろうと思うのは、それ相当に強い思いに突き動かされての事でしょう。ならば、人材業界で働いてきたこれまでの経験を、転職する先でも活かすための「自分の強み」を洗い出して、再就職を実現させましょう。

○これまでの経験から強みをアピールする

同業への転職こそ、これまでのキャリアや経験が生きます。まったく異なる業界に転職するのは、経験してきたことを活かすにしても、方向性や実務で求められるスキルを図るのが難しいでしょう。そこで、キャリアを強みとしてアピールする時に心がけたいポイントを挙げてみます。

●経験したことを転職に活かすメリットを自覚

今まで、楽しみながら仕事をした事もあれば、正直つらかった事もあるでしょう。すべての経験を今一度振り返ってみましょう。その時は辛いと思った事も、転職を考える今となっては学びがあった…と思える事もあるかもしれません。

●経験プラスα 自分の強みを整理する

単に経験したことを面接や履歴書で伝えても、人材業界ではそれが当たり前だと受け取られる事もあります。未経験の人と比べればプラスの要素かもしれませんが、その経験をしてどの様に対処したか、どんな成果に繋げたかという成功例を、自分の強みとしてアピールしましょう。いくつも準備しておく必要はありません。ピンチをチャンスに変えた、ここぞという場面の成功例が、あなたの強みです。

○求められる人材を想定して強みを精査する

人材業界には、企業ごとに取り扱う得意分野や、あっせんする専門業界を絞って活動している企業が多くあります。どの業界を中心に活動しているか、またその業界に通ずる専門知識を備えているか、という点は、採用側の企業にとっても重要なポイントです。

●扱った経験のある人材と業界の知識を強みに

たとえば介護・医療業界やweb関連事業など、専門性の高い分野の人材を扱う企業は、人材コンサル以上にその業界の知識も求められます。そして、このように特化した分野で活躍できる人材業界経験者は、そう多くありません。
「専門性の高い人と企業をマッチングする事ができる」のは、人材業界の中でも非常に有利でしょう。

自分がこの人材業界で、これから先どの様に働きかけて成果を上げる事ができるか、というストーリーを描き、アピールする事ができれば、それは大きな強みとなり自信を持って転職活動に取り組む事ができるでしょう。

ご相談・転職サポートは全て無料です。