しまった!面接でやってしまった大失敗

人材サービス会社を利用して転職を希望している人を、スムーズに採用に導く事ができるかどうか。それは、求職紹介担当者との間で十分に協力体制が作れているかがポイントです。
いざ面接を受ける場面になって「しまった」「大失敗だ」と肩を落としてしまうような出来事を経験した人材業界の方も結構いるようです。
どんなことでつまずき、大失敗をしてしまったか。その原因と問題点を見てみましょう。

○営業実績だけでは不十分?

人材業界のご経験者は普段、企業や求職者に対してヒアリングを通して課題解決の提案をしているため、自身の事も理解できていると考えている方は多いようです。
確かに、同業界でのご転職となる場合、これまで実績を出してきているから評価されるはず。という思いが多少なりとも持たれる事は理解できます。
しかし、これまでの営業スタイルが次の転職先で必ずしも活かせるかはわかりません。
面接では、現職での営業手法以外にも、成果を上げるためにどの様に思考を巡らせ仕事に取り組んできたかという姿勢にも着目される様です。
実績を評価される事で採用されるだろうと考えていた場合は、思いもよらない質問で上手く答えられずにお見送りとなるケースをもある事も念頭にいれましょう。

○まさか、自分が面接で緊張?

上記と同じように、これまで人材業界で実務をされていた方は、求職者との面談や企業との商談で訊く事・話す事には自負を持たれる方もいます。ですが、そういった方でさえ、面接では緊張をされることがあるようです。
一番多いケースは想定していた質問に対しての返答をさらに深堀をされた時。
人材業界の面接では、幅広く多くの質問をされるより、数は少ないけど一つ一つ深く掘り下げていく質問が多いため、想定していた質問に答えられたとしても掘り下げられた際に、返答に詰まり、そこから上手く切り返しが出来なくなる事をきっかけに、自身で何を言いたいのか分からなくなるというケースがあります。
緊張する場合もあるという事も頭に入れ、伝えたい結論から端的に答える事で想定外の質問にも整理をしながら対処しましょう。

人材業界はやっている業務は同じ事をしているように捉えられがちですが、営業スタイルや集客方法などは企業によって異なるため、人材紹介サービスを利用されている場合は担当者としっかりと事前打ち合わせをしましょう。また紹介先の職種によって、求職者や企業が求めるポイントも異なってきますので、どういった人材が求められているのかを見極める事で緊張も和らげる事ができます。
応募先に企業に合わせた面接対策を練る事で、余裕を持って面接に臨めるように準備しておきましょう。

ご相談・転職サポートは全て無料です。