転職の際に企業が実施する適正検査とはいったいなに?

転職者を募るときに、就職試験の場で多くの企業が実施している適性検査。どんなことをチェックされるのか、これまで適性検査を受けたことがないという人のためにご説明しましょう。

○企業が実施する転職希望者の適性検査は

企業が新たに人材を募集するときに、その人がどんな特性を持っていて、これまでどんな仕事をしてきたのかということをチェックしたくなるのは当然のことです。そして、自社に就職した後、能力をどのように生かすことができるかという配置や配属部署を決めるために、就職試験ではいろんな知識や能力を図ろうとします。履歴書を確認し、面接をした上でこの適性検査の結果を踏まえて採用する人材を決定する、というのが採用決定の通例でしょう。

○スキルチェック的適性検査・・・筆記試験

独自の問題を作成して、業界の知識やノウハウにつながるスキルを備えているかどうかをチェックする企業もありますが、筆記試験を行う企業の多くは「一般的教養や常識を図る」のがその目的でしょう。
ある一定の客観的なものさしで、転職希望者の能力を比べることは、有能な人材を採用したい企業にとってもっとも判りやすく振るいにかけることができるのです。

●適正能力検査で何が問われるか

一定レベルの一般常識が備わっている人材かどうかを判断する、というのはもちろんですが、単なる常識や学力判断のものさしではありません。
いくつかの計算や漢字、語彙を問う問題が出題されますが、正解を導き出すための過程や正解にたどりつくまでに、どう問題と向き合っているか、を見るということも意識しましょう。問題用紙の白紙部分に書く筆算や検算、語学問題の正解を導くために線や丸を記入した跡などから、取り組み方を判断します。
また、どれだけの準備をしてきたかもポイントです。特に転職希望をする企業や業界にまつわる時事問題は、あらかじめチェックをして自分の見解を持っているか、など簡単な作文を求める企業もあります。

○性格的適性検査・・・設問チェック試験

Y-G試験やクレペリン試験が代表例ですが、潜在的な性格を判断するために行う試験が性格適正試験です。面接試験などでは図ることができない、心理や考え方、友好肌か攻撃肌か、など性格形成の要素を設問チェックやイエス・ノーで回答していきます。

●性格適正は正解のない試験

実際に適正試験を受けると、気持ちが焦ってどの回答にチェックをつけるのがいいか迷ってしまうこともあるでしょう。限られた時間の中で瞬時に判断させることで、根本の正確を可視化できるように組まれた設問が並びます。
性格に良し悪しはありますが、正解はありませんね。同様に、この試験で何が正しいかという完全回答はありません。ただ、企業が求めている人材像はおぼろげにもイメージできるでしょう。自分の考えありきで回答を選ぶのではなく、転職を希望する企業が求める人物に合う答えを探して選択するのは、採用に近づくための適正試験クリアポイントになります。

ご相談・転職サポートは全て無料です。